日々生きて: 3国4日旅行(後編)「目的地到着」


読んでもあなたの人生の為にならない日記が検索できます

2009年01月11日

3国4日旅行(後編)「目的地到着」

美味しい台湾屋台料理!

ハードな旅行のお供、滋養強壮ドリンク





遂に最終目的地である台北行きの飛行機。

これで3回目の機内食。
こんなに機内食を食べて身体に何らかの悪影響を及ぼさないのだろうか。


寝ている事もあったが、あっという間に台湾へ到着。
離陸も着陸も食事してる以外はずっと寝てた気がする。
時間を有効に使うのが強行旅行の任務を確実に遂行する策だ。

いつも混んでるイメージの入国審査も空いていて、あまり待たずに潜入。
バスも乗るとすぐ発車して普段より早く市内に出れた。
何しろ2週間振りの台北だから前回よりも何もかもスムーズに実行できる。

空港からのバスは、仮眠をとってる間に自分を市内へ運んでくれた。

宿は今まで足を踏み入れた事のない場所、今まで払った事のない安さだ。
少し人気のない、薄暗い道を歩くと目的の宿はあった。
周辺にはいくつか安宿があって、直接行っても泊まるには困らないエリアだろう。

チェックインをしている間に、日本語のガイド紙と名刺をくれ、部屋まで案内してくれる。
ちょっといいホテルでもしてくれない、このサービス。
少なくとも前回のデザイナーズホテルではなかった。
ある意味高級ホテルに指定してもいいのではないだろうか。


獅城大旅館獅城大旅館ベッド
一目で「安い」と分かる心意気

天井は大きく穴が空いている。
天井の暗闇から誰かが覗いてるのではという想像はしないでおこう。

ホテル注意書き
という事で、連れ込みOKのようです

台湾ホテルのタオル
身体を拭く為の小さなタオル
一度使用すると雨ざらしになった洗濯物の匂いに変化する

タオルにはご丁寧に宿の名前がマジックで書かれていた。
取らねーよ。

初日はバーで現地の客と朝まで宴を楽しんだ。



次の日。
飲み過ぎたのもあり、午後4時近くに食事がてら周辺を探索する。

宿の周辺は問屋街なのか、様々な店がひしめき合うように集まっている。
食べ物屋も多く、何を食べようか迷っているだけでも楽しい。

楽しいが前日の酒が残ってて食欲は沸かない。自分にはそれが丁度いいのか。
水分が欲しい。

スイカジュース
スイカジュース 水っぽくて失敗

フラフラッと立ち寄った店で食事。
豊富なメニューでとにかく迷うが、酸辣湯餃というメニューをチョイス。
いつも無用に高い料理ばかりを選ぶが、今回はそれを避けて美味しそうな物を選んだ。

店のおじさんに注文すると何かを言われた。
ここは適当にへらへら薄ら笑いをして対応しとくのが得策だろう。

落ち着いてメニューを見ると、サンラータンの餃子だとすぐ分かる。
どんな料理が出てくるか驚く楽しみが半減してしまった。

台北の食堂メニュー
メニューは豊富で戸惑うが冷静に見ると
麺か餃子か具なしの違いだったりする

出てきた料理は想像通りだったが、かなり辛そうだ。
餃子は皮がプリプリで美味しい。が、やはり辛い。

おじさんが自分に聞いてたのは「辛くしてもいいか?」とか「辛いけど食べられるのか?」とかだったのだろうか。
思いっきり言葉の壁にぶち当たった瞬間だった。

サンラータン水餃子
赤黒く染まるサンラータンの水餃子

狭い店で辛いスープに七転八倒しているのを無視するかのように、自分の横では女性店員が終始寝続けていた。


身体にかなり疲れを感じていたので、コンビニで滋養強壮ドリンクを買う。
そこまでする今回の旅行の出口には何が見えるのか。

台湾の栄養ドリンク
「持績旺盛精神」の文字が心強い

一気に飲み干し、街歩きを続行。

胡椒餅胡椒餅の中身
胡椒餅 今回もこれを食べなきゃと、無理矢理頬張る

そして、比較的遅い時間までやってる駅ビルのフードコートを発見したので無理矢理食事。
ホテルに戻る時に気になってた抓餅と書く屋台の食べ物を無理矢理買って食べた。(焼餅(シャオピン)というらしい)

台北食事
焼餅屋台のメニュー爪餅(シャオピン)
胃袋を痛めつけるように次々と食べ尽す

こうして無理矢理づくしの食事は終わり、次は夜遊びだ。

この日は花金なのでクラブは相当盛り上がっている事だろうと訪れた。
一人で3時間踊り続けて、きらびやかなダンスフロアを失意のまま後にする。

結局毎度訪れる昭和バーで空港に行くまでの残り1時間少々を心ゆくまで飲みまくる。

そしてシャワーを浴びて、バスに乗り空港へ。
こうして怒濤の3国4日旅行は幕を閉じたのだった。


搭乗までの時間、ゲート前の椅子でリュックを抱えながら寝ていたら、空港職員に起こされる。
周囲を見渡すと搭乗案内が済み、乗客はみんな機内に乗り込んで、自分だけがゲートの椅子にポツンと居た。

フランダースの犬」のネロのように死んだように熟睡していたのだろう。
天国には召されなかったが、危うく置いてきぼりを食らう所だった。


余ったお金で買物
余ったお金で買った食料

台湾カップラーメン
カップが二つ どう作るんだ?


美味しい台湾ラーメンを家庭で食せ!

安宿からワンランク上の台北ホテルはこちら




【聞き流すだけ!】スピードラーニング中国語


posted by wazwaz at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。