日々生きて: お姉さん旅行(初出2月28日)


読んでもあなたの人生の為にならない日記が検索できます

2009年05月02日

お姉さん旅行(初出2月28日)

関東⇔関西間の夜行バスが3,900円〜






館山のガイドブック




姉は千葉県の館山に嫁いで旅館の女将をやっている。うちの家系で唯一の成功者だ。
そんな姉から今年の始めに電話があった。

久しぶりの会話だったので、お互いや家族の話をしていくうちに直接会ってみたくなった。

もう15年近く会ってない。
どんな顔してるんだろ。すごくおばちゃんになってるかな。

そう思い立ったらさっさとおばちゃん度合いの確認だ。


旅館のフロント
今回の旅行の玄関口


出発当日。

お土産に渋い珍味系と、ほとんど記憶にない可愛い子供達へは洋菓子をチョイス。

従業員のおばちゃんのグチが響き渡る狭い店内で、バスの出発前にラーメンと半チャーハンで腹ごしらえをする。

グチだらけのラーメン屋の美味しい食事で腹を満たし、バスに乗り込み出発。


館山へ向かうバスの車内館山へ向かうバスの車内から
2時間のバスの旅スタート


乗客が少なく、停車駅をビュンビュン通過してくれたお陰で予定時刻より30分早く館山に到着した。
夕方の館山駅前
夕方なのに深夜な雰囲気


電話をして姉に駅まで迎えに来てもらう。

旅館に到着すると旦那さんを始め、次から次へとおばあちゃんと子供達が総出でお出迎えしてくれて、紹介合戦。

知らない子が三人もいた。

何しろ姉に会うのも15年近く振りだから、中学生や小学生の子供は初対面。

「喋れるようになったんだぁ?」とか「もう今年から幼稚園なんだね」などのやり取りを一切素通りして一気に難しい年頃の子達だ。

子供達もいきなり初対面の自分が来て親戚だと言っても戸惑うばかりではないのか。
きっと「誰これ?」と思った事だろう。


「ご飯とお風呂どっちを先にする?」と聞かれ、食事を先に選択した。

新婚の新妻しか言わないような台詞に軽く感動しつつ、鍵を渡されて食事の用意ができるまでの間、部屋で待機する。


旅館の部屋
食事を待つあいだ、部屋を物色

旅館のお茶
お茶を入れるが量が分からない

浴衣の帯
こんな小さい事や

気遣いメッセージ付きタオルのビニール
こんな小さい心遣いで妙にはしゃいでみたり


呼び出されて食堂に行くと自分の為に遅めの食事が一式用意されてた。

天ぷら、魚のしゃぶしゃぶ、何人前あるのか大きな刺身盛など。

バスに乗り込む前のラーメン半チャーハンがここに来て悔やまれる。

旅館の夕食
酒飲みながらチビチビつまもう


姉が一緒に食事がてらの飲みに付き合ってくれた。

初めて姉と酒を共にする。
15年どころか、幼少時代からの空白を埋めていくかのように話が尽きない。

姉の名誉の為にも内容は言えないが、かなり波瀾万丈で生き方が素晴らしい。
匿名で本でも出せばいいのにと思うくらいだ。

楽しい会話のお陰で大瓶のビールは次から次へと空き、量が多いはずの食事も結構食べ終えていた。

ほぼ一方的な姉の暴露大会も終了し、風呂に入る。

ボイラーを消す時間帯だったにも関わらず、姉の心遣いで浴場に入れた。兄弟の特権だ。




旅館の窓から
天気予報は見ていたが...


次の日、朝食を食べに行くと外は豪雨。
横殴りの強風に打ち付けるような大雨。

雨男どころの騒ぎじゃない。
自分、なんかしただろうか。

これじゃ何処にも行ける訳がない。のんびり部屋で過ごそう。

その前に待ちに待った食事だ。
腹が減ってはのんびりもできない。


旅館の朝食
これぞ「ザ・朝食」といった感じ


自宅に友達を招待し、食事で焼き魚などを出して食べる時、比較的友達には食べ方がきれいだと言われる。自分でもそう感じる。

しかし、外食で骨付きの魚を食べる時にはきれいに食べる為に結構気を使うのだ。
それが面倒で魚料理にあまり箸を付けない事もあるくらい。

今回は魚料理が名物である館山旅行。しかも姉の旅館。

生まれた場所に戻る回遊魚のように、成長する為に避けては通れない道なのだ。

全神経を箸先に注ぎ込み魚を分解していく。
その魚の切れ端を落とさないように挟んで口の中に運ぶ。

完璧だった。

ありとあらゆる部分に付いた身を食べ尽し、かつきれいに食べた。

しっかりとご飯のお代わりをして完食した。


朝食終了
かなり意識して食べた魚の残骸
弟の恥は姉の恥なのだ


本来、翌日の予定は、誰かと一緒ならいちご狩りをしたいと考えてた。

一人で南米へ行くのと、一人でいちご狩りをするのでは桁違いにいちご狩りは勇気ある行動だ。
なので今回は断念した。

フィミレスで姉と再び帰りのバスの時間まで会話を楽しんだ。

昨夜の暴露は聞き流してくれという。
よっぽど口が滑ったのだろう。弟としてもそう思うくらいだから。


どんな歌手だか分からないが、イエローモンキー吉井和哉が好きだと言ってた姉。
歌舞伎町が怖くて行けないという東京出身の姉。
自分と会う前に、自分がダサかったらどうしようと心配していた姉。

帰りのバスで見た太陽は自分をあざ笑い館山から追い出すかの如く、さんさんと降り注ぐ日の光で濡れた地面を乾かしていた。


館山から帰りのバス
サヨナラ館山



姉の旅館 大浜
なんかすごいサイト...

館山ガイドブック

南房総の書籍はこちら

都市間高速バス・夜行バスのオンライン予約サイト





posted by wazwaz at 20:25| Comment(7) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イロイロコメントありがとう打ち込むの大変だからごめんね。

今度遊びに行くのは何時なら良い?
でも遊ぶ時間がなかったらすぐ館山にきてね
一緒に出掛けよう
連絡待って。ます
Posted by 敬子 at 2009年05月10日 22:12
敬ちゃん

コメント&先週の宿泊時にはどうもありがとうございました。
新しい日記はただいま作成中なので、また日記にアップします。

友達はとても気に入って大変喜んでたので、連れて行ったこちらとしてもとても満足でした。

東京に来たら是非出掛けましょう。
一番ベストは木曜日から金曜日にかけてです。

こちらもまた遊びに行くのでその時はよろしくお願いしますね。


わざわざ機械が苦手なのに一生懸命書き込みをしてくれたんだなというのを、一番最後の文章で痛いほど感じ取りま。した
Posted by wazwaz at 2009年05月12日 15:57
優しい弟ヨリコメントありがとう
私にとって大切な
おともだちも出来て貴方a
Posted by けいこ at 2009年05月17日 21:00
敬ちゃん

途中でメッセージがブチ切れてるけど大丈夫でしょうか?

使い慣れてないパソコンを駆使した為に、メッセージを書いてる途中で発作が起きたとか、手の指の骨が折れたとか心配です。

自分はと言うと、働き盛りの年齢ですでに老後のスローライフを送っていたのですが、最近は働く日数が増えてしまいました。

来月の上旬は昼も夜も10日ほどぶっ続けで働かないといけないようです。
今頃働かなかったしわ寄せが来てしまったようです。

またそちらで遊べるように血ヘドを吐く思いでたまにはまじめに働いてみようと思います。
Posted by wazwaz at 2009年05月24日 22:07
先日、某所でこのブログを紹介いただきましたshingo
と申します。早速拝見しに参りました〜!!

教えていただいたときは少ししか読んでいなかったのですが、こうしてゆっくりと拝見するとwazwazさんの文章、改めて自分のツボにハマるということを認識いたしました。

パン屋の次はどこに闘いを挑むのでしょうか???(笑)
世間を斜めに見たようなクールな視線にグッときます。更新楽しみにしております。

では、また。

Posted by shingo at 2009年05月25日 22:04
先日、某所でこのブログを紹介いただきましたshingo
と申します。早速拝見しに参りました〜!!

教えていただいたときは少ししか読んでいなかったのですが、こうしてゆっくりと拝見するとwazwazさんの文章、改めて自分のツボにハマるということを認識いたしました。

パン屋の次はどこに闘いを挑むのでしょうか???(笑)
世間を斜めに見たようなクールな視線にグッときます。更新楽しみにしております。

では、また。
Posted by shingo at 2009年05月25日 22:05
こんにちは shingoさん

更新を怠っている我がブログにお越しいただいてありがとうございます。

ツボにハマっていただけましたか?
ハマっていただいた事はコメントを二回書いていただいた事でしっかりと伝わってきます。

自由研究のようなパンの日記は、小学生の頃に考えついていれば先生にどう評価をしてもらったのだろうと、ふと思う時があります。

挑むべき物はたくさんあるのですが、今はただ焼肉が食べたいだけなんです。
戦の前には腹ごしらえをしなければなりません。

過去に焼肉を題材にした日記もいくつかありますが、ある意味戦いを挑んでた気もします。
http://wazwaz.seesaa.net/article/35807982.html
http://wazwaz.seesaa.net/article/51500875.html

今後も「噛めば噛むほど」的なするめのような日記を更新できたらと思います。
Posted by wazwaz at 2009年06月07日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118472444

この記事へのトラックバック

春の南房総!!花とイチゴと温泉の旅(食べ歩き編完結)
Excerpt:  (3月下旬に訪れた温泉旅行の話です。) 館山の海の湯宿花しぶきをチェックアウト後に訪れたのが道の駅ちくら潮風王国。その名のとおり、千倉は、鯨やまんぼう!?などが名物の海の町。道の駅には漁船をかたどっ..
Weblog: 宿帳&食べ歩き
Tracked: 2009-05-03 19:15

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。